IHIグループ健康保険組合

IHIグループ健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

受動喫煙・・・加害者になっている

 タバコを吸わない人も、喫煙者のそばにいるとタバコの煙(副流煙+呼出煙)を吸ってしまい、有害物質が体内に入ります。これを受動喫煙といいます。

ニコチン 一酸化炭素 タールの害

 受動喫煙は流産や早産、乳幼児突然死症候群(SIDS)、呼吸器疾患などの原因となることがわかっています。
 タバコを吸い終わったあとも数十分~数時間は有害物質が呼気に残ります。ベランダで喫煙しても、家族や同僚に健康被害をもたらす「加害者」になってしまいます。

ページ先頭へ戻る

このページの情報はお役に立ちましたか?
  • :とても役に立った
  • :部分的に役に立った
  • :説明が足りない
  • :役に立たなかった
コメント
  • ※上記コメント欄に質問が書かれていても、回答できません。回答が必要の方は、下の「健保のご案内」に掲載してある電話番号にご連絡ください。