IHIグループ健康保険組合

IHIグループ健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

家族が増えたとき・減ったとき

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行ないます。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。

POINT
  • 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。

家族の範囲

被扶養者となれる家族の範囲は、三親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。

被扶養者となれるかを事前に「認定 チャート」で確認できます。

ページ先頭へ戻る

収入の基準

被扶養者となるためには、「主として被保険者の収入によって生活していること」が必要です。

同居している場合 別居している場合
対象者の年収(将来に対して継続性がある収入)が130万円※1(60歳以上または障害者は180万円※2)未満で、かつ、被保険者の収入の2分の1未満であること 対象者の年収(将来に対して継続性がある収入)が130万円※1(60歳以上または障害者は180万円※2)未満で、かつ、その額が被保険者からの仕送額より少ないこと
  • ※1 130万円未満:月収108,334円未満、雇用保険等の受給の場合は日額3,612円未満
  • ※2 180万円未満:月収150,000円未満、雇用保険等の受給の場合は日額5,000円未満

被扶養者の異動(変更)があったとき

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。なお、当組合では毎年、被扶養者の確認を行なっています。

ページ先頭へ戻る

このページの情報はお役に立ちましたか?
  • :とても役に立った
  • :部分的に役に立った
  • :説明が足りない
  • :役に立たなかった
コメント
  • ※上記コメント欄に質問が書かれていても、回答できません。回答が必要の方は、下の「健保のご案内」に掲載してある電話番号にご連絡ください。